2017年05月

北川景子さんとDAIGOさんのご夫婦、良いですね~★


憧れのご夫婦です。

私は結婚前まではどちらも特に好きではありませんでした。


でも、結婚してからのエピソードが素敵で和みます。

仲良しで、お互いを尊重していて素敵ですね。


◼一緒にのんびりと過ごす時間が素敵

北川景子さんとDAIGOさん、
ご一緒にゲームをしたりアニメを観てるそうですね。

アクティブな趣味も素敵ですが、インドアな共通の趣味も良いな~。


DAIGOさんが、ゲームを勝手に進めると北川景子さんが怒って喧嘩になるそうです。
可愛いな(笑)


◼お料理を褒めてくれる

DAIGOさんを素敵だなと思ったのは、北川景子さんのお料理を褒めていたところです。


私のようなお料理から遠ざかっていた人間ですら、好きな人からお料理を褒められるのは至福でゴザマス。

そうそう、同棲の話があってからは、お料理復活したんですよ~

それに、お料理をしてなくてもやる気はあった!(笑)


某お下劣な実業家さんのように、
手料理なんてシェフの料理に劣るから、腕を磨く必要は無いよって言う男性もいますけど、
松本人志さんの言葉を思い出しますね。

「この人の言うことには心が無い」と。

えりから言わせれば、こんな男はいくらお金があっても貧乏くじ。


こんな人とは一緒にいても、心に風穴を開けられるだけ、ブラックホールのように虚しい時が流れるだけです。


温かい心を持った人とこそ、人生を共にする価値があるというものです。


同じ意味で「お料理をせずに結婚したけど?(ドヤァ)」な女性にも白けます。

あー
好きな人に美味しいものを作ってあげようって心が無いんだなー。
楽してうまく結婚してやったっていう感情しか無いんだなーって思います。


美味しいと喜んでくれる方が良いな❤
私もお料理を頑張りたい❤



◼家庭の話はDAIGOさんから話す

テレビでも、ご夫婦の話題は大体DAIGOさんから披露されているみたいです。

ここに、北川景子さんの賢さを感じます。
見方を変えれば、北川景子さんの方が知名度や若さ、芸能人としてのステイタスは上かもしれません。


しかし、彼女はDAIGOさんを冗談でも下に見るような発言や、そもそも家庭の話はしません。


私は、家庭の事情をベラベラと話す女性があまり好きではないのです。
まして、旦那は私の言いなり~だとか、男性の劣位を誇るような奥様は言語道断。


引き替え、語らないことで品位を保つ北川景子さん。

品性や知性とは、口から出る言葉だけで推し量られるものではありませんね。



結婚って、対外的な振る舞いや、何もない時の過ごし方にそのご夫婦の品格が表れるのですね。

私も素敵な結婚をしたいなぁ。

20代の肩書きがあるうちに、結婚相談所を検討しています。

とは言え、半分本気・半分及び腰です。


◼ネットに写真が出るところには抵抗あり

私がハイスペ男性なら……
ネットに顔を出して結婚したがっていた過去のある嫁は嫌です。笑

あ、いや、ネットに顔を出して婚活している方々をディスってるんじゃないですよ。


ただ、こういう考え方もあるので、何事にも備えておこうという話です。
身辺はいつも美しく。


◼同じ会社の人にバレるのは絶っ対!イヤ!!

これが一番大きいです。
だから顔も出したくないですし、自分の個人情報を世に放ちたくないのです。


じゃあ、ハイスペを狙えば良いって?
うちの会社のメンズは、紛うことなきハイスペだからー(大半は結婚してるけど)


◼医者限定にする?

ビジネスマンが良い~!←ワガママ


◼じゃあ無理だよ!

かもね!



結婚相談所、憧れで終わりそうです。
何か良いとこあったら教えて~。

最近、アラサー女性と婚活をしているとよく聞くのが、

ときめかない問題

です。


まぁ、贅沢な。


ハイスペ狙いの猛禽ガールな私、餌にときめいていちゃ捕獲出来ないじゃないのよね。

ときめき?胸の鼓動?そんなもの、雑音でしかないですわ、が本音です。



◼女性が選ばれることを前提とするなら、ときめきで足切りしては不利になる


婚活で、狙ったお相手を囲い込んで猛プッシュして捕獲出来る実力者はときめきを重視する権利があります。

または、惚れた人とじゃないと絶対に無理な人、
そして今現在ラブラブで大好きな彼君がいて、それ以外の人からも言い寄られていてその二人を天秤にかけるシチュエーションの方。


これ以外の人には、ときめきは贅沢品です。


婚活の王道パターンは「まず男性が付き合いたい女性を選ぶ→女性は選んでくれた男性の中から相手を決める」というものです。

この場合、最初に男性を自分のときめきで足切りしちゃうと母数が減りますよね。


勿体無い…私はそんな贅沢を言える立場ではないのでときめきで足切りはしませんし、お勧めもしません。



◼どうせ情が湧く


身も蓋もない言い方ですが、いざ付き合ってみると多少の情が湧くものです。


これで良いじゃないか!


ときめきなんて感じなくても、多少身内贔屓を感じるくらいの情が湧けば、そいつのことを好きってことですよ。←雑

大丈夫です、生理的に無理な人はこの時点で省かれますから。



ときめかなくても、情を感じたら上出来。
これが婚活の真実では無いでしょうか。

私の知人に、不倫子ちゃんがいます。


不倫子ちゃん、別名・ガチ愛人。
学生時代から、日本人から外国人まで既婚者を渡り歩いて一財産を築いたガチのそっち系です。

因みに普通にエリート女性、その上そこそこ美人です。


最近、一緒に婚活をしていますよ。
ガチ愛人の悲哀とは。


◼ガチ愛人、気付けば恋愛スキルが無い

学生時代は、歳上の人とお付き合いをしてそれなりに恋愛経験を誇ったのでしょう。

しかし時は流れ、アラサーとなればまともに恋愛経験を積み上げて来た同い年の女性たちより経験値が低いのが現実です。


そこそこキレイなのに、コンパでも連絡先を聞かれるのに、

どうすれば付き合えるの?
と半泣きで聞かれた時、私愕然としましたよ。

この人はお金と体の関係しか知らないから、フィジカルな臭いを出さずに男性を釣り上げるってことが出来ないのね…!


驚きでゴザマス。
世の中のほとんどのアラサー女性は、誠実さや堅実さをアピールして結婚相手を引き寄せているというのに、

そんな中一人、色気で婚活市場に乗り出したら遊ばれるに決まっているじゃないか。


私なんか鬼ババのごとく高飛車でも、彼氏を切らしたことなんてないよ!
結婚出来てないから高飛車は封印するけどさ!


ガチ愛人、婚活しているのに戦法を誤り、セカンドにしかなれません。


◼ときめかない、の罠

ガチ愛人が二言目に言うのは、「ときめかない」。


当たり前でゴザマス。
既婚者は、条件が悪いから必死こいてこちらのご機嫌を取るのです。


エスコート然り、お手当て然り、ゴージャスなデート然り。


勿論、独身でも素敵なエスコートをしてくれる人もいますから、その意味ではスマートさ=既婚者と言うつもりはありません。


しかし!


既婚者は、オッサン(もしくはジジイ)は、美しい若い女性に選ばれる側なのです。

婚活は、どちらも探り探り、選ばれる側でありアピールする側であるのです。
どっちかと言うと、女性の方が選ばれる側であることが多いくらいです。


そんな中、「俺を選んでくれ~!」と捨て身をかます既婚者のエスコートがスタンダードだから、ここまでやってくれなきゃときめかないとこぼすガチ愛人。


ノー!ノー!ソレ勘違イ!


ときめかせるのは、貴女なのよ。
結婚したいなら、選んでもらうために、貴女が頑張るのよ!


◼ガチ愛人、今は修行中

というわけで、不倫子ちゃん、現在一緒に婚活をしながら修行中です。


どうすればお色気を使わず付き合えるのか、媚びなくても惚れられるのか、言いたいことを我慢しなくてもその姿を愛してもらえるのか。


うーん、なかなかこじらせております。

佐々木希さん、結婚を発表しましたね。

お相手は、お笑い芸人の渡部健さん。


日本中の男性から選びたい放題であろう29才の美人女優の結婚から学ぶものとは。


◼Nさんとのお付き合い

佐々木希さんと言えば、アイドルのNさんとお付き合いをしていたと言われています。

伏せ字の意味なんてほぼありませんが、笑
結婚する方の元彼を取り上げるのも野暮なのでせめて。


Nさんは年齢も33才と程よく、しかも天下のアイドルです。

その上イケメンですし、二人でいると華やかな美男美女カップルとして日本中の憧れや注目を浴びたことでしょう。


しかし、最終的に佐々木希さんが結婚したのは15才も歳上のお笑い芸人の渡部建さんでした。


◼脱・比較

渡部建さんは、アイドルと比べたら顔もステイタスも見劣りがするかもしれません。

もしかしたら、佐々木希さんも元彼と較べてちょっと物足りないと思ったことがあるかもしれません。


しかし、元彼に囚われずに見てみるととても好物件。


較べなければ将来性も、顔も、ステイタスも、申し分無いですね。
お会いしたこともないので分かりませんが、優しそうにも見えますし。

よくこんな人が残っていたものだ。


「彼以上の人じゃなきゃ」は、陥りがちな元彼の呪縛ですがそこから抜ければ良い人はいるものです。



付き合う男性を次々とランクアップさせる女性もやり手ですが、
自分の欲しい条件を柔軟に選び取れる女性もまた、恋愛上手なのだと思います。


佐々木希さん、渡部建さん、どうぞお幸せに❤

私、斬り込み隊長です。

怪しい時は、即聞いちゃう。


先日から押し問答していたのは、とあるハイスペ40代の男性。


★コンパの後で、何故かLINEのグループに入らずにグループ伝いに私にメールアドレスを教えてくる

★コンパ中に見たのはiPhoneなのに、教えられたメールアドレスはiソフトバンクではない

★無視してたら、他の人のLINE電話を借りてかけてくる(!!)


おかしいでしょー!

私には、既婚者が2台目のガラケーからやり取りしようとしてるようにしか見えません。



なのでそのまんま、伝えます。


グループ伝いにメールアドレスを伝えてきた男性には、「何でメール?何でそのアドレス?ごめんなさい、引っ掛かるからお返事しません」と返事。


するとLINE電話が来たわけですが。


思ったことは思った通りに伝えて、何も問題ありません!


これで面倒だと思って切るような人なら、ご縁が無かったのです。
まっ、グループ伝いに謎のアドレスを教えて来る方が面倒ですが。


本気なら、潔白なら、
誤解を解くため頑張ればよろしい、男性が。


女性が譲歩する理由は微塵もありません。


付き合ってからも同じです。
能動的に浮気を疑ったりはしませんが、お相手が怪しい玉をぶつけてきたら黙っちゃいない。


婚活なんて、上手くいっている時ですら「はい次」の精神が勝ちを左右するのですから、
怪しい時は斬るに限ります。

リスタート!


5月は別れの季節なのか。
いいえ。ただのリスタート。婚活再スタートしました。


彼君のプロポーズを受けないのは、何となくだよ!
彼君といるために昇進を断ってまで行った、新しい職場が居づらいの。

こんなこと、自分が選んだ道なのにバカみたいって思うけど、結構、居づらくて彼との関係も下り坂。


新しい職場の人間関係に馴染めない…
こんなの初めて。


私、何か悪いことしたっけ?
あれ?私ってコミュ障だっけ?
何でこんなに上手く行かない?

って色々勘繰っては滅入っています。


独特の文化があるということです。
あーもーいやーつらたん



こんなの、彼君のせいじゃないよね。
でも今は彼君といると、滅入る。


果たして私の人生には良いことが起こるのか?って疑問に思うのです。
きっと子どもっぽい考えなのでしょうね。。

でも、一緒にいて乗り越えられる彼が良いんです。
あー、これも私の心掛け1つなのかな。


弱ってるし、めちゃくちゃなことを言ってるのもうっすら分かっていますが、
お仕事も結婚もモヤモヤしっぱなしです。

ほんとやだー多分私のせいだけどー


というわけで、リスタート。
婚活だけでも駒を進めるべく、動きます。


今は彼・新しい職場以外の物に打ち込みたい。



現行のメンズ勢は、

◼結婚したら親父が目黒に一軒家を買ってくれるっていうボンボン←身辺は怪しすぎる

◼年齢詐称疑惑の広告代理店の彼


あーもー、ぱっとしないわね!イライラ

↑このページのトップヘ