「モラハラ」
モラル・ハラスメント

精神的な嫌がらせのこと


モラハラ人間は高圧的な言葉や態度で、

「これが普通」
「そんなことも知らないの」
「何でそんな非効率な選択をするの」

と相手を責めます。
そうすることで自分が優位に立ち、相手を支配下に置きたいのです。


◼モラハラは精神の傷害です

モラハラ例です。


専業主婦の妻に「働きもせずに贅沢しやがって」と実際に口に出して言う男性。

性的な奉仕を当然のものとして要求する人間。

自分が浮気をする理由は、彼女や妻に魅力が足りないからだと思わせる人間。

パートナーの交遊関係を妨害する人間。

パートナーの身内を見下す人間。

その他不機嫌になったり、コミュニケーションを拒むことで、自分の要求を遠そうとする人間。


個人の価値観の範囲を越えていますよね。
歪んだ要求や要求の方法は、受け入れてはいけません。


◼私の実例

私が苦しんだのは、

自分に能力が不足しているように思い込まされた彼氏と、
私の交遊関係を引き裂こうとする彼氏でした。


彼らはそうすることで、私よりも優位に立ちたがったのです。

今やられたら掴み合いのケンカになりますが、当時は怯えて自分を責めていました。


◼「エリート狙いの女性たちへ」

お金や名誉を持った男性を支え、彼らの妻になることはとても遣り甲斐のあるライフワークでしょう。

しかし、お金よりもずっと大切なのは、自らの人格です。


ただでさえ知能の高い男性とやりあうので、モラハラには人一倍の注意を払わなくてはいけません。

変な洗脳をされてしまうと、自力で解けなくなることがあります。


全ての人間には、尊厳と自由があるのです。

それを冒す人間からは、全力で逃げましょう。