婚活をしていると、話のネタ作りに趣味を持つ必要が出てきます。


それも、ある程度語れる趣味です。

男性はスポーツという鉄板の趣味がありますから良いですね。

大抵の女性の「言われなくても好き❤」な趣味って、美容、インテリア、ショッピング、恋話、それからデートです。
婚活で男性と盛り上がる趣味ではないですね。


しかし、我々女性は忙しい。
婚活用の趣味を開発する暇なんて無いです。

1日は平等に24時間ですが、女性は朝夜の美容にそのうち1/12くらい使ってるんです。忙しーんだ!

二時間×365日は約1ヶ月に相当するので、ナメてはいけません。


と言うわけで、時間や手間のかからない婚活向きの趣味を考えてみました。

お題は、月に1回からでも楽しめて、婚活で話題に使えるもの。


■映画

月に一度はノー残業デーが確保出来る方向けです。

映画は手軽です。

そして月に一度も観ていれば、結構詳しい人に位置づけられるのではないでしょうか。

映画の良いところは一人でも行けるところです。
自分の身さえ空けば行けるので、誰かと予定を合わせる必要もありません。


好きな監督を見つけて観るのも良いですね。
その場合は3本も観れば、「最近好きな監督」と語り始めることが出来ると思います。

今ならアニメですけど「君の名は。」の新海誠さんの作品とか、語る需要がありそうですね。


私は、クリストファー・ノーラン監督推しです。
彼の作品はインテリ・アクション好き双方が楽しめます。
そして老若男女も問いません。


なお、映画館に一人で行けない人もいますが、アラサーでそれは無い(ファーw)と言わせていただきます。


■美術館

美術館も月に一度行けば、結構行ってるうちに入るのではないでしょうか。

夜でも行ける施設もありますので、是非とも。

和なら、最近流行りの伊藤若冲は誰が見てもカッコ良いって思えると思いますし、
大英博物館やルーブル美術館の出張展示なんかは、子どもちゃんが見ても満足のいく内容になっているはずです。



映画や美術館は、婚活で気が合った人と「一緒に行こうよ!」と話が弾みます。

そして、平日に「良かったら付き合って!」とライトに声かけが出来るので大変有効。

もし断られても、じゃあまた飲みに誘ってねって言えますしね。
声かけは大切です~っ。


■読書

読書は寝る前30分とか、通勤中でも出来ます。
究極に時間が無くても取り組めますね。

沢山本を読むというと大変そうに聞こえますけど、月に一冊を目安に読めば楽です。


スマホのリーダーでも良いですけど、貸し借りを狙うなら紙の本ですね。


こちらも、作家さんで括って読むのも良いですね。
伊坂幸太郎さんや百田直樹さん、東野圭吾さん等ミーハー所で全く構わないと思います。

映画になったねーとか、ドラマの原作だったよねーとか、盛り上がりそうなジャンルが良いです。


意識高い系の本は個人的な趣味に止めておきましょう。

コンパで使えるなら良いですけど。


例えば私は物理本が好きです。

これは、ハマる男性はハマるみたいで「ヒッグス粒子」とか「スーパーカミオカンデ」とか言うと永遠に盛り上がってくれます。

キャバ嬢なら、オーラスとかいう現象でしょうか。


でも、興味の無さそうな人にはこんな話はしません。
「無幻花読んだよ~」って言いますね。

会話のキャッチボールは、まずは低いところから。



■海外ドラマ

海外ドラマのオススメは、韓流や、デスパレードしちゃうマダムモノや、金持ち学園での眠い若者ドラマではなくて、ビジネス系です。

話のとっかかりに有効なのです。


医師、金融系、弁護士系、政治、警察モノは外さないでしょう。
私のオススメは「スーツ」。弁護士モノです。


ドラマではなく、古いのですが、アプレンティスというリアリティ番組は外資系君と盛り上がります。
You, fired(あなたはクビです)ってやつ。


今話題の大統領がまともなホワイトカラーだった頃の番組です。

どうかしてない時代のトランプ氏が観れるというね。
(そんなものを目当てに観る人はいないでしょうが)


海外ドラマも、一気見などする必要はありません。
五話も見たら、最近見始めて~と話せると思います。


以上、
時間と気力が無くても、婚活で役立つ趣味4選でした。