結婚したいというアピールをする男性、
シチュエーションによりますが私は警戒します。


何故なら、本気で結婚をしたくて悩んでいる人間は、そんなことをほいほいと口にはしないから。


私が男性だとして考えてもやはり、「良い人と」結婚がしたいので、結婚に前向きな気持ちにはなるものの、
自己アピールに「結婚する気がある」を使うことはありません。

だから、結婚をアピールに使ってくる男性には警戒した方が良いです。


チャラ男、既婚者、
混じってます!


ここから先は、最低最悪のお話なので、
結婚したいと言う男性全てがそうだと思わずに聞いてくださいね。


■ケース1

ブライダル関係に勤める友人から聞いた話です。

結婚式の下見に来るカップル、果ては予約までするカップル(お金も払う)の中で
実は男性側は既婚者だった例が一定数あるとのことです。


悪質すぎますね。

この世には、ヘラヘラと結婚を口にして、彼女と一緒に結婚準備が出来る既婚者がいるのです。


当日に新郎と新郎側の招待客が来なかった式もあるらしいですよ。

サイッテー。


■ケース2

私が20代前半のピチピチOLの頃のお話。

当時、私は一人の元同級生とよく会っていました。
Tとしましょう。

Tはその年で年収1000万円近く。
海外へ行くお仕事でしたからね。


毎日LINEをして、仕事終わりには迎えに来てくれて、いつしか口説かれるようになりました。


私も彼のスペックの良さと、旧知の彼なら考えても良いかなと揺らいだこともありました。


その時私は、結婚願望も無く他にもデート相手がいたので余裕がありました。

余裕があったので、かなりTのことを振り回したと思います。


肉食系で手が早く、モテ男の自負があるTは、高飛車な私に業を煮やしたのでしょうか。
段々、結婚したいと言って自らの年収なんかもアピールしながら強引に口説くようになりました。


素直な私、素直にドン引き。


そして別の同級生に、Tが最近鬱陶しい、口説き方もどうかしてるとLINEを見せたところ、彼は既婚者だと告げられて天地がひっくり返るほど驚いたのです。


他人のLINEを人に見せちゃうところはご容赦ください。
あの頃は私も若かったんだ(*ゝω・*)


長くなったので続きます。