忍者。
それは織田信長との伊賀の乱から世に散り、
徳川の泰平の世まで武将を支え続けたプロのスパイたちです。


スパイの仕事は一にも二にも、諜報活動です。
情報を引き出し、時には情報を使って相手方の動きを撹乱させることです。

この忍者の動きは婚活にも有効ですよね。


相手の情報を引き出し、
こちらの情報を植え付け(妻にぴったりよ)て撹乱(プロポーズ)させるのです。


そんな忍術の言葉で有名なもの。
「見つめ聞きつめの大事」


これは、何事もただ眺め、聞き流すのではなくてしっかりと内容を探り出すことの大切さを説いています。


忍者に大切なことは、一般市民の生活や、敵の屋敷の使用人の生活に潜り込む諜報活動です。

その時にはどんな小さな違和感も見逃しません。


婚活でも同じです。
相手に隙が生まれた瞬間を見逃してはいけません。


見つめて、聞きつめて、本懐を遂げようではありませんか。