先日、婚活仲間のお話を聞いてしみじみ思ったこと。

婚活では、ノーと言える強気さが大切だなぁ。


何人も、時には何十人もの異性と会う婚活では、断り力が無いと世渡りしていけません。


◼断り力の大切さ

例えばタイプじゃない男性からLINEが来た時。
気乗りしないデートに誘われた時。
見込みの無いコンパで二次会に誘われた時。

そもそも、関係の進展を誘われた時。


断りづらい人が多いのです。
渋々行って疲れるとか、後から後悔するという話を聞きます。

後から後悔するなら、行かない方がマシです。
疲れるなんて、もうアラサーにもなった体に鞭打たないで欲しい。


婚活の時間と体力は有限です。
嫌な時にはしっかりとお断りをしましょう。


◼実例集

タイプじゃない男性からLINEが来た時。

レベル1、ごめんなさい、しばらく忙しくてお返事が出来そうにありませんと言ってあとは無視。
レベル2、通告無しで無視。
レベル3、無意識のうちに親指がそいつをブロックする七不思議が発生。


気乗りしないデートに誘われた時。

レベル1、ごめんなさい、しばらく忙しくてご一緒出来そうにありませんと返事をしてあとは無視。
レベル2、以下(ry


見込みの無いコンパで二次会に誘われた時。
そもそも、関係の進展を誘われた時。

レベル1、ごめんなさい、明日は早いので行けませんと言って帰宅。
レベル2、タク代担当者か送りマンを探す
レベル3、トンズラ


◼断り力と、三度デートしてみる説は別物です

世の中には、興味の無い相手とも三度はデートをしてみるという通説があります。

私も同感です。


しかし、興味の無い相手とデートをしてみることと、断り力が低いことは別次元のお話です。


デートは、自己判断で行くのです。
ずるずると流されて無駄な時間を垂れ流すこととは違います。

1491046374671


大人の女性なのですから、まずは自分が嫌な時には嫌だと言うこと。
それ以前に、自分が何を嫌だと思うのかを即時判断すること。


それ無くして、他者と生活する結婚なんて出来ません。

逆に言うと、婚活してても疲れない・傷付かない・ハッピー婚活wうぇーいwと言うような女性には断り力が備わっていると言うことです。


続きます。