昨日、一昨日と友人と過ごしていました。

議題は勿論、私が別れたこと。


貴重な半年を無駄にした。


しかし、しばしの婚約ごっこで得たものもあります。
それは結婚相手には何が必要かということです。


結婚するには、生活と人生の価値観が合わないといけないのですね。


今回のことで、私のお婿さん候補の条件に加わったのは3つ。


喧嘩をした時に必ず女性が勝つ関係であること

→かかあ天下ということではなくって、勝ちを譲ってくれるくらい懐の深い男性であって欲しいということです。

私だって、三本くらいは脳みそにシワもありますから、譲ってくれたら察します。感謝もします。


因みに元彼は喧嘩にもならない次元の問題児でしたけど…

話し合うのが嫌になると、狸寝入りするの。



学歴は、コストパフォーマンスで考えること

→同じ学歴でも、

公立小中高に通っていて入った人と、
私立幼稚園に通って、お受験戦争をしまくった末に入った人の伸びしろ、学力は月とスッポンです。

お金をかけたのに「はっ?(゜ロ゜)」という大学止まりの人は、つまりは子どももお察しです。


子育てに莫大にお金をかけても、成果は見込めないことが約束されております。
やる気を持ってもムダよぉぉん。


元彼はその点は、コスパの良い人だったので尊敬しております。


ボランティア、奉仕活動をする人であること

→やらない善よりやる偽善です。
私は、成人する前から何らかの形で社会的支援を行っています。

当たり前ですよねー、社会に育てられたのですから。


私がそれに尽力することで、対象者の方が

「顔も見たことがない他人だけれど、自分が幸せになること願う人がいるんだ」

と心の何処かに留めてくれれば良いです。


それはいつか、対象者の方が辛い時に支えになるはず。
何十年に一度、必要になるかならないかのレベルの支えだとしても、私はそれに自分の時間やお金を注ぐ意味があると思っています。


この信念を共有出来る人が良いです。


元彼はこれがありませんでした。
ふるさと納税で、返礼品の無い地域(被災地)を選ぶことすら渋りました。

引ちっっっさ!!!!


私には数十万円のプレゼントを買うくせに、帰省する時の親へのお土産はケチるとか。

身内を大事にしないんだね。


お金を沢山稼いでいても、心が貧しい人間には添い遂げられないですよね。


人生はブーメラン。
上ばかり見て、人から搾取してきた人間は、中身の無い晩年を送るのでしょう。



という話をしていたら、友達に「大丈夫だよ、これから七転八倒して頑張ろう!!?」と励まされました。


何だろう。すごく、トドメを刺された気がします。