婚活をしていると、時々受ける質問。


「結婚したら働き続けたいですか?仕事を辞めたいですか?」



辞めたいわ!優雅な専業主婦サイコーだわ!
と思っても、

辞めてたまるか!私はプライドを持って仕事してるんだわ!
と思っても、

本音を口に出してはいけません。


専業主婦は怠け者ではありません、世間でそう思われてもいません

ネット上では、専業主婦を叩く男性も結構いますよね。
女性もか。


しかし、ネットにあれこれと書き込んで、自分の意見がさも世間の意見であるかのように工作したい人の書き込みって、
結局は、世間の少数意見なんです。ワラ~


そんな人、メジャーであるわけが無い。

まぁ、一言で言えば「非リア」、
辛辣な言葉で言えば「キモオタ」、
更に若干決め付けの入った言葉で切り捨てれば「負け組」の言でございます。


まともな人は、他人やパートナーの家族形態を尊重するものですから。


なので、ネット上で専業ガーとか言う声は無視してよろしい。
きっとお金も無いし、キレイで収入の高い女性と付き合うことも出来ない人が一人何役も掛け持ってるので。

間違ってたらごめんね~❤


専業希望の男性も、共働き希望の男性も存在しています

世間では専業主婦は共働きに比べて手抜きだなんて思われていないことを前提とすると、
世の中の男性には、専業主婦を望む人も、共働きを望む人もいることになります。

ここには収入は関係ありません。


年収が1000万円でも、自分のお小遣いを減らしたくないから妻に働いてと言う男性もいますし、

その半分の収入でも「家のことは任せたい」と言う男性もいます。


考えるべきは、世間ではどうかというよりも、いかにお相手に意見が合うと思われるか、マッチングです。

結婚したいなら、まずはお相手が望む家族形態に話を合わせることが大切です。


結論

じゃあ何と答えれば良いか、何と言って自分の仕事をアピールすれば良いかというと、一択です。


「どっちでも大丈夫だよ~
私(の仕事)、何処に行っても働けるし、いつでも戻れるんだ~」


まぁ、現実的には難しい人もいるかもしれません。
しかし、アラサーはそれだけの経験値があると思われて当然なので、ここは平然と言ってのけてお相手を安心させてください。


表現の仕方

「資格職」
資格があれば、いつでも戻れる(実際はどうであれ)とアピールするべきです。


「専門職」「(専門)事務職」
○○の専門(事務)職だから、経験になる、何処ででもやっていけるとアピール。
一般事務でも汎用性の高さをアピールしとけ。


「営業」
営業なんだから、日本中でいつでも働けるとアピール。


「大企業」
大企業勤務だから、経験になるアピール。


「英語」
例え海外転勤について行ってもそこの地元で働けるとアピール。


「女性がメインの仕事」
(特に女性の)ファンがいるから、私は年齢を重ねても復帰出来るし大丈夫なんだよとアピール。



とまぁ、どんな言い方でも結構です。
実際は「辞めたらしまいや…」という状況であっても、口では、大丈夫~、私は何処でも働けていつでも戻れるし❤と言い切ることです。


「私は結婚後には働きたくないんですけど」と思ったアナタは

それでも結婚までは、笑顔でいつでも何処でも働けるアピールをするべきです。


仕事を辞める交渉は、プロポーズをされてすぐ、または籍を入れる前後です。

それまではニコニコとして、働くとも辞めるとも言わず、どっちでも大丈夫❤
と言い続けてくださいませ。


しっかりしたキャリアを築いている、しっかりした女性が「仕事辞めるね」と言うからその提案が受け入れられるのです。


隙あらば辞めたいアピールをするより、
本音は最後にさらりと受理させるのが賢いやり口です。