仕事を頑張っている男性は、ある程度の年齢を越えても独身で彼女がいないことがあります。


それは不自然じゃない。
全然オッケー。

しかし世の中には、明らかに本人の資質がために独り身の人間がいます。


自己紹介乙って?
うるせっ!


◼高スペック、非モテの特徴

相手目線の欠落。
以上です。


オタクもダサメンもコミュ障(天然君←大嫌い)も、結局はここに帰結するよね。

ではでは、実際例を見てみましょう。



◼爆弾発言男

婚活をしていて、出会う爆弾発言集。

殿堂入りは「俺(あたし)、バイなんだよね」。

うそだと思ったアナタ、本当にいるからね?
エリートには、まぁまぁの数でオープンな人、いるからね?


頭が良いこと(発想が柔軟)
チャラい風土でエロスにオープンこと
行動的・アクティブ

の3要素が噛み合わされば自分に正直になるんでしょうかね。


まぁこれに関しては、ダイバーシティ推進のこのご時世、ノーコメントでいかせてもらいますが、
次点の爆弾発言は、これでしょう。


◼メンヘラクリエイター

「俺と付き合った女の子、みんなメンヘラになっちゃうんだ」


はい、ドン引き~。

交際相手がメンヘラになるって、要は見る目がないのと、相手を不安にさせているということでは。

満たされていて幸せな、まともな女性は闇落ちしません。


思ったことが口から出ちゃうえりちゃんは、

「オマエと付き合っても満たされずに辛いんだ~。
オマエは女性を幸せに出来ない男なんだ~。
そんなオマエと付き合う女、実在した?
ダッチワイフを見間違えてね?」

をオブラート一枚に包んで投げてみましたが、「やっぱ女性の半分は病む素質があるね~」と華麗に噛み合わない返事をされたよ。ワロタ。


その後も「女は寄生虫」とか言ってたよ。

5年前なら即「じゃあ××君はうじ虫だね❤」って切り返していた私も聞こえない振りが出来るほど大人になりました。



◼エスコートが出来ない男

女性陣から大嫌いとの呼び声高いのが、空気を読めない強引男。


あるあるなのは、帰り際に女性のタクシーに乗り込んで来て「もう一軒だけ」とか「家入れて」とゴリ押しするやつ。

殺意しかない。


女性がハッキリと嫌だと言ったら「ごめんね、またね」と言うものでしょう。

それを「何で行かないの?まだ○時じゃん、普通行くっしょ!」と反論するやつ、禿げる呪いをかけておきますね。


えり子は容赦ないので、「運転手さん、この人降ろすか交番まで行ってくださーい」。


そして自分が帰りたいと言った時に「普通行くっしょ!」と返されて怒らない女性、
曖昧に笑っていて押し切られちゃう女性がいたら、
そりゃメンヘラに決まってる。



◼内部の話を一時間男

同期入社同士の、入社した頃の話が大好きな方々。
同級生と何十年もつるんでる男性陣。

30代、40代にもなってそれしか話題が無いんかい。


最高学府ならまだ許すし、今の仕事の話もまだ許すし、何より面白かったら構わないよ。

しかし、たかが私大の内部生の内輪の話を一時間聞かされた日には、


images


以上。


◼エリート、コミュ力重要だから

相手の立場を尊重する術が無くて、よくエリートになれたなと思う。
立場の高い人たちと会う仕事だろうに、根回しや空気が読めなくて出世するわけない。


こういう人たちは、やっぱモテません。


仕事が忙しくて結婚出来なかった人を見つけたいものです。