エリート狙いの猛者たちよ

忍者。
それは織田信長との伊賀の乱から世に散り、
徳川の泰平の世まで武将を支え続けたプロのスパイたちです。


スパイの仕事は一にも二にも、諜報活動です。
情報を引き出し、時には情報を使って相手方の動きを撹乱させることです。

この忍者の動きは婚活にも有効ですよね。


相手の情報を引き出し、
こちらの情報を植え付け(妻にぴったりよ)て撹乱(プロポーズ)させるのです。


そんな忍術の言葉で有名なもの。
「見つめ聞きつめの大事」


これは、何事もただ眺め、聞き流すのではなくてしっかりと内容を探り出すことの大切さを説いています。


忍者に大切なことは、一般市民の生活や、敵の屋敷の使用人の生活に潜り込む諜報活動です。

その時にはどんな小さな違和感も見逃しません。


婚活でも同じです。
相手に隙が生まれた瞬間を見逃してはいけません。


見つめて、聞きつめて、本懐を遂げようではありませんか。

コンパに行くと一定数存在しているのが、
「あたしってバリキャリ~」と自己申告する女性たち。


あれ、止めるべし。


私も忙しい時はギャースカ言ってますけど、お外でキャリアアピールはしません。
当たり前のことですが。


本業のバリキャリ嬢や、自分に自信がある女性は謙虚なものです。


しかし、アドミとかアシスタントとかのバックオフィス嬢に限って、会社名や業界をアピールする人が存在するのは何故ですか。

いやもちろん、謙虚な上に気遣いも女神級の秘書様も沢山おりますけど。


システムやグラフィック系のお仕事でもいますよね、何故か大企業勤務をアピールするけど手掛けた仕事を聞かれると無口になる人。

意味が分からないんですけど?(笑)


お仕事に序列をつけるつもりはないですよ。

実際よりも自分を大きく見せたがる発言は品が良くないと言いたいのです。


フロントや幹部候補の方々は、お仕事を聞かれてもさらっと「私、○○で××の仕事してる」と言うだけです。

それだけでも充分、仕事内容が伝わるからです。


対するキャリアアピール女子は、

こんな人と仕事してるとか、
こんなデカイ仕事をしてるとか、
果てはうちの先生方の家賃やお給料はこんなに高いとか、

もはや何が言いたいか分からない話を聞かせてきます。


別に良いじゃないですか、どんな仕事でも。
毎日、か弱い身で通勤してるだけでも偉いわよ、私たち。

そのくらいの自信の1つもつけていないと、エリート狙いなんてやっていけません。



そして私調べでは、
仕事してるアピールをする女性ってホントろくな相手と付き合ってません。

理由は、コンプレックスが強いからです。


モラ男どもは、コンプレックスを抱えててちょっとIQの足りない女性を洗脳するのが大好きですからね。


すごく年上の人と不倫の末に結婚してたり、
エリートを狙ってたのに、結局三大士業でもない自営業(多分大企業の序列とかも分かってない人)と付き合ってたり、

何かうーんって人多し。
その変な仕事アピールを止めればもっと良い人と付き合えるってば。


素直に

「私はアシスタントのお仕事をしてます。忙しい時もあるけど、メインは先生方だから私はサポートを頑張らなくっちゃね」

と言えば可愛いのにね。


謙虚にいきましょー。

お酒にまつわるお話。


楽しく飲める方が良いお酒。
飲めないのも気を遣いますが、もっとずっと悪いのは、泥酔です。


グローバルエリートは、泥酔を毛嫌いします。


特に米系。
酔いつぶれるのは人にあらずみたいな扱いを受けますよ。


高いワインを開けてもらって無理する前に、「飲めないからグラスが良いな」って言う方がマシです。


婚活のために無理して飲むって人は多いですけど、つぶれるくらいなら飲まない方が良いですね。


因みに私はお酒が嫌い(臭いもん)なのであまり飲みたくないです。

ま………飲むんですけどね。婚活のために。

お酒が好きな人が羨ましい~


結婚したらもう飲まんわ。

忙しいとドヤる男性の攻略法、その1はこちら。

http://wonderwoman.blog.jp/preview/lite/edit/f6d9fdf7769f618aa786418279b52388


忙しい、ああ忙しい(嬉)とアピールしてくる男性には、初々しいリアクションをというお話でした。


■アピールを受けてあげると、多忙後に連絡が来るんだぜ

俺って忙しいんだ、と言う男性に対してよく行われるのは「そう、じゃ頑張ってね。待ってる」と大人しく引く技だと思います。


勘違いちゃんはチクッとイヤミを言うと思いますし(みっともない)、
「忙しいとかいちいち報告しなくていいから」とぶった切る強者もいると思います。


しかし普段から忙しい自慢を受けてあげていると、忙しさを抜けた後に連絡が来るのはあなたです。

如何に忙しかったかを語りたいから(面倒)。


飲み屋さんなんかは、これが出来るからお客さんを切らさないんですよね。

彼女たちは聞くのがお仕事なので、お客さんの話す中身は何でも良い。
ただ時間が経てば良いので、ウザい話でも聞けるのです。

一方我々には時給が発生しているわけではないので辛抱しがたいかもしれませんが、これも婚「活」。

アクティビティの一環だと思って、取り組むよろし。


普段から男心を掴んでいると、男性が忙しくなっても帰ってくるというお話でした。


■自分は忙しい自慢をしてはいけない

自分は忙しい自慢をしてはいけません。
何故なら絶世のウザさだから。


時々、忙しい時もあるけど…
楽しいから頑張ってるけど、たまに遅くなる時もあるかな…

など、頑張ってるアピールくらいが可愛いんじゃなかろうか。←適当


それともうひとつ、婚活における女性側のお仕事って、色んな判断基準に使われるんですよね。

■稼ぐ=実務能力の高い女かどうか
■会社規模で学歴や育ちもまぁまぁ測れる
■共働き志望か?専業主婦になってくれるのか?
■英語は話せるのか?海外転勤に着いて来れるか?
■一般常識はあるのか?パーティーにエスコートして自分が恥をかかないか?

アピールに使うのは強みになりますが、
残業とか仕事へのロイヤリティは変に解釈されると、対象外だと思われかねません。


女性の忙しい自慢は危険なので止めましょう。

先日、バカバカしい記事を読みました。


◎日本の男性の収入の平均値は400万円程度
◎年収1000万円以上の男性との結婚は0.4%の狭き門
◎だから高収入の男性との結婚はアキラメロン


何を目的としてその記事が書かれたのか分かりません。
しかし、婚活に関係がある数字は実際の数字だけです。


計算が苦手な私、難しい計算は無視しますよ。


自分の身の回りの数値が、婚活の真実です。

記事にある収入を例にあげると、
目の前に年収1000万円の男性がいる人だけ、付き合えるかどうかを考えれば良いのです。

年収1000万円の男性と全くご縁の無い女性を除いた数字を使って計算をしていただきたい。


因みに私の年収は、400万円なんて勿論超えていますし、そんな年収の男友達は一人もいません。

つまり、私にとっては年収400万円の男性の方がはるかに狭き門です。


グラフの数値は当てになりません

平均に意味はありません。

日本の男性の平均年収とやらも、アルバイトやパートの方、地方の方の収入や、ボーナスが少ない新卒の子も全て含めての平均でしょう。

例えば200万円の人が2人、1000万円の人が1人いる場合の平均値は466万円です。
400万円台の人間は一人も存在しないのに。


こんな計算は現実から解離しています。


対象は、目の前のお相手だけ

結婚ってお相手がたった一人見付かれば良いのです。

なので、計算はいつも目の前の人といけるかどうか。
五分五分です。


どこにでもいる平凡な男性相手でも五分五分。
1/1000の確率の男性でも、彼と結婚出来るかの確率は五分五分です。


婚活における確率の計算なんて、その程度です。


数字を追っかけて結婚出来るわけではありません。

そして、数字を見て結婚がハードだと嘆くのもおかしな話です。


意味の無い数字になんて、負けないよん。

婚活、それも高収入男性を狙う女性にとって直面するのが「相手の年齢」です。


男性は若い女性が好きです。
アッタリマエです、我々だって若い男性が好きですもん。


小金オヤジと手を繋いでショッピングって、援○?罰ゲームなの?が本音でしょ。


しかし、周りで一定数存在するのは年齢への拘りを捨てて結婚していく女性たち。

オヤジの前にはアラサーは若者。

相対的な若さを使えば婚活には有利かもよというお話です。


■バツイチ子持ち看護師(33)、歯医者(46)に熱烈に請われて子連れ婚

彼女の外見は、ケバくてヘビースモーカー。

コンパに行っても、間違って紛れたような年上ばっかり狙う凄腕年上キラーでした。

徹底して年上を狙うのです。
そりゃ、アラフォー、アラフィフから見たらアラサーは若くて有利なんでしょうね。


その甲斐あって、年上のバツイチ歯医者さんに熱烈に口説かれて子連れ再婚!
その方は家柄も良かったため、白亜の御殿にお住まいです。


「私は自由でいたかった、アイツが結婚しろしろってうるせーからさぁ(タバコスパー)」
と、どこぞのヤンキーのような態度で子連れで嫁いで行かれました。


■コンプまみれの事務員(29)、税理士(41)に請われて結婚

彼女も高収入狙いでした。

しかし彼女のコンプは、微妙な顔面と微妙なキャリア。


キャリアは今更仕方ないとして、彼女は本気で装っても十人並みなんですよ。

顔に関しては、整形したいと言っていましたが、周りからは「しても知れてる顔」と言われて断念。

因みに意思が弱くてダイエットも完遂せず、健康的な普通体型。


就職は派手な業界に潜り込んだものの、美人でオシャレな女性が多いので、
ぱっとしない彼女は職場恋愛市場では完全にアウェイ。

そしてコンパで撃沈するたびに編み出していった技が、「オヤジ狙い」でした。

オヤジにとっては、自分に気のある若い女性ほど可愛いものはありません。
顔面なんて普通で良いのです。

こうして彼女は高収入男性を落として結婚し、安定をゲット。


驚くべきは、彼女はオヤジに対して「私、モテるから」と強気に接していたことです。

それが私のモテテクなのって語られましたよ。
ヒエッ…


整形すら無駄だと止められ、エリートには目も合わせてもらえなかった彼女が、モテキャラとして売れていったとは。

河岸を変えたらキャラも変わって結婚した、という例でした。


オヤジをターゲットにしたら、婚活のお悩み、まるっと突破出来るかもしれませんね。

婚活のために転職するということ。

私はありだと思います。
職場恋愛は手堅いのです。


しかし、婚活目的の転職には注意点があります。


■確率が高いのは男職場

男まみれの職場…
理系男子の研究室なんかに行くと、漫画みたいにモテるそうですよ。

本当に次から次へと、真面目な男性たちがやってくるそうです。

私、理系男子に縁がないので聞きかじった話ばかりですけど…
海外転勤のある人もいるようで、私の友人は転職先の理系男子と結婚してイギリスやらタイやらに行きました。

狙い目かもよ~。


■チャラ男の巣窟では美女か性格が良くないと厳しいぜ

チャラ男まみれの職場は大変です。


遊ばれることはあるけど、それはモテではなく勘違いです。

既婚エリートに声をかけられたり、プレゼントをもらってもそれが何になるのでしょう。
むしろ恥(蔑)


チャラ系エリートが職場恋愛で選ぶのは、三種類のみです。

①職場のマドンナ
皆が羨む結婚が出来る相手となると、真面目にアタックしてきます。

②めちゃくちゃ結婚向きの性格
都合の良い女性扱いをされないとは言えませんが、まぁマドンナよりは演じやすいでしょう

③同じだけのステイタスがある
同じくらいの年収、同じくらいの仕事能力があって美女なら対等に恋愛してくれると思いますよ!


ってまるでコンパですね。
コンパ並のアピールと愛嬌を毎日振りまけるモテ強者はチャラ系職場へゴーです。


■日系も外資系も不倫男というクズに注意

不倫注意報です。

日系企業は揉み消し体質のため、ネジの飛んだ男性が実在します。

いや、実際には人事に言いつけたら消されるのはあなたですって感じなんですが、事を荒立てたくない風土だからでしょうか。

今まで大丈夫だったから、というとんでもない実績に基づいて口説いてきます。要注意。


外資系企業は転職が多いため、やりたい放題やって後は焼け野原にして去る男性が珍しくありません。

そんな彼らにモラルを問うても無意味なり。

ストレス発散目的に不倫しますからね。
お酒や煙草と同列です。



職場恋愛は、手堅いですが難しいです。


一番のネックは、時間がかかることですね。

入社して即、誘われたりなんてしません。
するやつは、言うまでもなくアレです。
(理系の職場で引っ張りだこになっているのは除く)


早くて3ヶ月、大体半年くらいは彼らと仕事をし続けないと、なかなか真面目なお誘いを受けられないのが職場恋愛です。


速攻で結婚したいなら、職場恋愛と外のコンパを掛け持ちしましょう。

↑このページのトップヘ