モテ女

婚活女子のSNSの使い方その2です。


■投稿

★★★★★
タグ付けのみ、自分ではほとんど投稿しない

★★★
旅行に行ったら投稿する
月に数回程度投稿し、なおかつ200以上のイイネが付く
家族や女子会などのほのぼの投稿


言うまでもございません。


ボツ投稿は、当たり前ですが「無意味なもの、病んだもの、自慢」です。


■無意味な投稿の例

クッダラナイ食べ物の写真や今から新幹線に乗りまーすと改札を写した写真など。


特に無意味なのは、安物の食べ物の写真です。
有名なレストランや、キレイなプレートなら撮りたくなる気持ちも分かりますし、見た側も楽しいですよ。

でも、食べかけのラーメンとかかじったバーガーまで使って、構われたがる人がいるのです。

「今日は休肝日だからお伴はコレ❤」(ただの烏龍茶の写真)

とか、そんな投稿がこの先流れてくると思わせてはいけません。
楽しく明るく、無駄の無い投稿を心掛けましょう。

そして、烏龍茶くらい黙ってお飲み!


■病んだ投稿の例

婚活中に、進んで病んだ投稿をする人はいないと思いますけど、過去の痛い投稿も消しておきましょう。

特に、どなたかに向けて書いたであろう愚痴はドン引き感MAXですよ。

「私、こんなタイプの人間が嫌い」って投稿でイイネ集めをした過去があるなら葬り去りましょう。


まぁ、普通はしないと思いますが。


■自慢(アカン)

アピールと自慢は違います。

例えば、あなたが所得の低い男性からのアプローチを断つ目的で、高級レストランでの遊行をSNSに載せるのであれば、それはアピールです。
目的があります。

しかし単に、すごーいと思われたいだけで投稿するのは自慢です。

自慢は品の良い行いではありませんね。



昨今、まともな職に就いている人間ならば、SNSは慎重に使うはずです。


○○に行って○○を食べた、と投稿するだけでも、競合他社に出張先を探られる可能性があるからと指導されるからです。


SNSは相手のペースに合わせるか、それより控えめの更新がベストですから、婚活女子の投稿は慎重に。

今や若者のほとんどがアカウントを持っているであろう、SNS。


使うも使わないも、個人の自由だと思いますが、使い方には注意が必要です。


特に、エリートと付き合ったり結婚したいなら。


彼らは人目を気にしますから、怪しそうな女性は外されちゃいますよ!


■写真

★★★★★
ペットの写真、育てているお花の写真、旅行先でほんの少しだけ姿が写り込んでいる写真、趣味の用具の写真等、
本人の人となりが分かるけれど顔は載ってないもの

★★★★
遠目だったり、伏し目だったり、
本人かどうか判別が難しいけど美人なのは分かる写真

★★★
旅行先や休日に、彼氏や友達に撮られたっぽいナチュラルな表情の写真

★★
プロが撮ったっぽいポーズ付きの写真(斜め上を見上げるとか)、自分大好き感溢れる自撮写真


宣材感満載の背景が白いキメキメ写真、
谷間写真、クルージングでシャンパン抜きまくっている写真、カジノでバカ賭けしている写真


写真は、「写真より実際の方がキレイだね」と言われる1枚が丁度良いです。

出来れば顔出ししない方がウケは良いです。


■友達

あくまで普通のOLとしての数値です。

★★★★★
200人~300人台
堅実な愛されキャラを演出するにはベストな人数かなぁ。

★★★★
100人台、400~500人台
堅実な交遊関係、もしくは友達が多い印象です。

★★★
数十人台、~700人台
別に悪くはないんじゃないかなー。多少友達が少ないとかチャラい印象ですが、現実の人となりが良ければ不問レベル。

★★
1000人近い
業者か何かですか?


2000人超
怪しさしか感じない。


友達も、学生時代、サークル、会社と順調に増えた感のある顔ぶれが良いですね。

当たり前ですが、聞いたこともない社長のおっさんと大量に繋がっていたり、グラビア写真だらけの女子とつるんでいたり、謎のセミナーの宣伝業者や、謎のパーティーの宣伝業者と繋がっていたら怪しまれます。

消しましょう。スパッとな。


基本的に、エリートはあまりSNSをオープンにしていません。

なのでそれに合わせるスタンスで良いのでは無いでしょうか。


昨今は、ストーカーやらコンプライアンスやらで、人前にプライバシーをさらすのは危険ですからね。


私の知人は、医者と結婚したことを公表した途端に投稿に付くコメントが「浄水器買ってくれ」だの「手作りアクセサリー買ってくれ」に変わっておりました。

まっ、彼女の持ってる友達にろくなのがいないってことですけど。


とにかく、SNSは慎重さが伺えるプロフィールがベストと言えるでしょう。

私の婚活友達には、ツワモノどもがいます。


彼女たちは、

まず外見がケバい。

タバコを吸う。
整形してる。
パリピ。


ワガママでお金がかかる。
仕事はしてなかったり元飲み屋だったりすることを公言する。

クラブに入り浸る。

休日はオヤジとゴルフに行く。

バツイチ。
実家暮らし。
子連れ。
更にレズもいる。笑


どう?笑
婚活女子のキレイ売りの真逆をいくと思いません?


しかし、彼女たちはモテるのです。
需要があるようなのです。


勿論、オールマイティにモテるわけではないでしょう。


しかし、子連れでもケバくても、
溺愛されて社長や歯医者とサックリと結婚していく彼女たち。


ううむ、ツワモノだ…


彼女たちから学ぶことは一つ。
めちゃくちゃ母性があるということです。


もうオカンです、あの人たち。

確かに図々しい時もありますが、基本的にはあったかく、ドンと構えていて乱れません。
誰にでも同じ対応をしますし、媚びません。


そして「自分さぁ、遊んできたつもりで遊ばれてるだけでしょ。もう卒業しなさいよそんなの。いい年したブサイクなんだからさー(タバコスパー)」
と言いにくいこともズバズバ言います。


…と、男性たちは何かが心に刺さるのか、
改心して彼女たちに従い始めるという寸法のようです。


なかなかこれは、リスキーなモテ技ですが、
でも誰にでも同じ対応をするとか、温かさを感じる振る舞いは取り入れられますね。


オカン強いわぁ。

↑このページのトップヘ