知人(男性)が結婚相談所でひどい目にあったそうです。


簡単に言うと二股ですって。
色んなプレゼントもあげてきたのに、結局はお相手の女性には彼氏がいて、その彼氏と出来婚するらしいです。


ひどい女性がいたものですね。


確かに世の中には結婚を餌に、ジュエリーや物件や壷(?)を買わせる人間がいると聞きます。

しかも蓋を開けてみたら、元愛人などのプロの女性、果ては壷屋(?)や不動産屋の女性だったりするらしいですね。


私が聞いた別の話では、結婚相談所で知り合った医者の彼氏と結婚の話になって、物件は僕が買うから車は君が買ってと言われた女性がいました。

彼女の実家はお金持ちだったので、興信所をつけられてあえなく偽医者と発覚。

車は買っちゃってたよ。
ワラエナーイ


共通の知人がいないシステムで、生涯の伴侶を探すのはなかなかリスキーなのかもしれません。


そもそも結婚相談所って、ほんとーに結婚が難しい人…言うのが憚られるけど、身内にカタギじゃない方がいたり…
って人同士が使うものだったんですよね。

女性なら囲われ者から足を洗ったような方がいたり。


お見合いとは違うのです。


確かに、登録すれば間口は広がります。
しかし、普通の生活では出会わないような人種とも出会うというのは危険と隣り合わせの行為です。

その危険も認識出来ないような人は、そもそも社会人として出直せって話なんですよね。


知人には、命があって良かったと思わなきゃ、あと性病検査行きなよと言っておきました。

絶句したところを見ると、やることはやってた模様。


結婚相談所って、多くの人とデートを掛け持ちするんでしょう?


飲み屋のお商売でもなければ、可愛いから付け上がってきたタイプでもない、普通の男女がセッ○ス込みの関係を掛け持ちしまくるなんてすごい制度ですネー。