婚活と常識

ハイスペとザクザク知り合うには、自分にとってのハイスペの定義をきっちり固める必要がある。


◼お金持ちが好き!だけでは付き合えない

お金持ちって、一体日本に何人いるんでしょうか。


よくある統計では、年収○円の人は日本の人口の○%だからレアだと語られます。

私はそのレア説は、完全否定。
現に、お金持ちを取っ替え引っ替え遊んでいる女性はいる。


人口の数%だとしても、例えば年収1000万円なんて何万人いるのか。


一億人の1%は100万人ですから。
大杉ワロタ。


そして、結婚とはたった一人を選ぶもの。
サンプルは少ないと決めきれないけど、百人いても選ぶの大変だわ。

あなたは百万円の札束から、オンリーワンの諭吉を選べるのか?←酷すぎる例え



単純明快な数字トリックには引っ掛かりませぬよう。


◼フィルタリングを徹底する

上の事例は年収を使いましたが、ハイスペ君と結婚したいなら、条件をどんどん絞り込むことです。


☆学歴は?
☆語学力は?
☆国籍は?
☆住まいは?
☆転勤はあり?
☆出身地は?
☆外見は?
☆業界は?
☆体型は?
☆車は持ってる?
☆子供好き?
☆年齢は?
☆趣味は?
☆性癖は?
☆ファッションは?
☆喫煙はあり?
☆浮気はあり?
☆自営はあり?
☆同居はあり?
☆夜遊びはあり?
☆連れて行くレストランのクラスは?
☆プレゼントは何円以上?
☆プロポーズまでの期間は?


とにかく、微に入り細にわたり条件を挙げていきます。


◼定めた条件の逆は、強み


挙げて行った条件を見直しましょう。


欲しい条件は、あなたが頑張る項目。

例えば、高学歴の人と付き合いたいなら自分も良い大学に行くとか資格を取るとか、底上げ出来る。


また、転勤が無理となると商社やデベロッパー、留学に行くような弁護士や官僚君は除かれるでしょう。


逆に不問の条件があれば、それがあなたの強みです。

例えば、

★外見は問わないなー
★英語が出来なくても稼いでたら良いや
★車は無くてもタク代があれば良い
★低学歴でも稼いでたら良い
★自営オッケー

こういう項目が必ず出てくるので、ここはチェック。


「私、外見は優しそうな人がタイプ~❤」
と武器に使いましょう。

別れた話は一旦さておき、
最近うんざりしているのが、「誰かいい人がいたら紹介して」と言う人です。


常識無いんか。
するわけなかろう、今時。


婚活に必死な29才たち、使える水脈は吸い上げたいのは分かりますけど、その手はいけません。


「お金貸してよ」と言われたのと同じくらい、信用を失う言葉だと私は思っています。


紹介トラブルのお話

私が紹介をしないのは、若い頃に何度か紹介トラブルに遭ったためです。


「○○な社長を紹介してあげる」
「××やってる人を紹介してあげる」

そう言って近付く紹介者ちゃんたち。


安易に電話番号を伝えたら、お相手はストーカーまっしぐら。

または、大学生の私でも一刀両断に断るレベルの怪しい話を持ち掛けたり(何もしなくて良いから俺と付き合って会社の役員になってくれない?月に○十万円を払うよ?)。


ストーカー騒ぎで警察沙汰になったこともあります。

紹介者ちゃんを問い詰めたら「だって、パーティーでえりを見た○○さんが、あの子と付き合えたら10万円あげるから協力してよって言うんだもん」と開き直る始末です。


まぁそのパーティーとか飲み会も、今思えば美人を集めた子には飲食代(支払いは男性)のキックバックがあったんだろうと思えるものもちらほらですが。

苦い人生勉強の記憶でございます。


現代人、簡単に人を紹介しない

簡単に紹介してと頼む人も、簡単に紹介する人も世間知らずだと私は思います。


この現代社会で、ゴリゴリの婚活女子に人を紹介するのはどう考えてもリスクが高すぎます。


紹介した男性が、実はチャラいかもしれませんし、ストーカーかもしれません。
紹介した女性が、実はお金目当てかもしれませんし、二股するかもしれません。

トラブルに発展した場合、紹介者は責任を取れるのかしら。


なので最近は、ヘラヘラと紹介を請う脳みそつる子には、

「ごめん、紹介は責任持てないからしないよ。
でも飲み会があったら呼ぶね」

と正直に答えております。


でも友人知人からの紹介枠は、婚活に大変有効です。

じゃあ、どうしたらトラブルを避けつつ、相手からの信用を損なわず、それを得られるのでしょうか?


それは、作戦次第です。

今時、男性を落とすのと同じくらい、良い人を紹介してもらうにも戦略が必要なのですよ。


良い人に繋げてもらえる戦略は、次回!

私の婚活友達には、ツワモノどもがいます。


彼女たちは、

まず外見がケバい。

タバコを吸う。
整形してる。
パリピ。


ワガママでお金がかかる。
仕事はしてなかったり元飲み屋だったりすることを公言する。

クラブに入り浸る。

休日はオヤジとゴルフに行く。

バツイチ。
実家暮らし。
子連れ。
更にレズもいる。笑


どう?笑
婚活女子のキレイ売りの真逆をいくと思いません?


しかし、彼女たちはモテるのです。
需要があるようなのです。


勿論、オールマイティにモテるわけではないでしょう。


しかし、子連れでもケバくても、
溺愛されて社長や歯医者とサックリと結婚していく彼女たち。


ううむ、ツワモノだ…


彼女たちから学ぶことは一つ。
めちゃくちゃ母性があるということです。


もうオカンです、あの人たち。

確かに図々しい時もありますが、基本的にはあったかく、ドンと構えていて乱れません。
誰にでも同じ対応をしますし、媚びません。


そして「自分さぁ、遊んできたつもりで遊ばれてるだけでしょ。もう卒業しなさいよそんなの。いい年したブサイクなんだからさー(タバコスパー)」
と言いにくいこともズバズバ言います。


…と、男性たちは何かが心に刺さるのか、
改心して彼女たちに従い始めるという寸法のようです。


なかなかこれは、リスキーなモテ技ですが、
でも誰にでも同じ対応をするとか、温かさを感じる振る舞いは取り入れられますね。


オカン強いわぁ。

↑このページのトップヘ